• 即日OKカードローン

審査甘い?即日のための4つの鉄則

















即日にカードローンでキャッシングすることになったらどうすれば確実にすぐにお金が借りれるのでしょうか?





そんな時に是非とも知っておきたいのが、カードローンで即日にお金を借りれる“4つの鉄則”なんです。





4つの鉄則をしっかり守れば、カードローンで即日にキャッシングできること請け合いです!





忘れてはいけない!即日借入は“時間との闘い”です!





時計





カードローンで即日にお金を借りるなら、なによりも“即日融資に対応可!”と正式に会社のHP上で明言しているカードローンを選ぶことが大前提です。





そして、すべてのカードローンが即日の融資に対応できる訳ではないことを憶えておいてください。





その上で、カードローンでの即日キャッシングを確実なものとするために、まず忘れてはいけない1つ目の鉄則は、“即日キャッシングは時間との闘い!”であることです。





カードローンに申し込んだ即日にお金を借りるためには、即日融資が可能になる時間帯までにすべての融資手続きを完了させることが絶対条件です。





そして、融資手続きは24時間いつでも対応可となる訳ではありません。





たとえば、「夜の10時に申し込んで12時までに即日にお金を借りたい…」と思っても、そんな時間帯に融資手続きをしてくれるカードローン会社は1つも無いということなのです。





そのことからカードローンで即日に借り入れするためには、常に“融資手続きの締め切り時間との闘い!”となる事実を念頭に置くのを忘れないことが鉄則なのです。





その点においてポイントになるのは、「審査スピード」です。





なぜなら、審査スピードをできるだけ早くして審査時間を可能な限り早く終わらせることで、即日に融資できる手続きを済ませられる時間的余裕を生み出せるからです。





そして、「審査は最短30分!」といった審査スピードがとても早いカードローンは、おしなべて即日の融資にしっかり対応できる会社となっています。





その一方で、審査が厳しめで審査に時間がかかる銀行カードローンでは「即日回答」や「即日審査」こそ可能ですが、審査完了後に即日融資ができる時間的余裕はありません。





だから即日融資に対応不可となる銀行カードローンが多いのです。





以上のことから、“時間との闘い”に勝って即日にお金を借りたいのなら審査スピードの早いカードローンに申し込むことです。





と同時に、できるだけ早め早めにカードローン申し込み等の手続きを済ませる意識をもつことが肝要です。





憶えておきたい!即日のカギは“申込時間帯”にあり!





携帯





2つ目の鉄則は、“申込時間帯に注意する!”ことです。





これは実質的に、すでに触れた1つ目の鉄則となる“時間との闘い!”と有利にするタクティクス(戦術)と考えていただければよいと思います。





たとえば、審査スピードの早いカードローンに申し込んでも、申込者が殺到してしまうような時間帯をわざわざ選んで申し込んでは、審査の順番が回ってくるまでに時間がかかってしまい“時間との闘い!”では不利になります。





いかに「審査は最短30分!」と言っても、審査待ちで時間をたくさんとられると実際に審査は30分で終わっても審査待ち時間を含めたトータル時間では数時間もかかってしまうこともあります。





そして、審査が混雑したことで審査終了が午後遅くになってしまうと手続きが即日融資に間に合わなくなり借り入れは翌日以降となってしまうのはよくあります。





審査スピードが早くて即日の借り入れにも確実に対応してくれるカードローンでは、あらゆる融資手続きの段階において“時間との闘い!”で有利になる配慮が成されています。





だからこそ即日借入のために必要な手続き上でのスピードを殺さない注意がとても重要になります。





その1つの手段が、即日融資に確実に対応できる“申込時間帯”を絶対に外さない!ことです。





即日融資の手続きが申し込み当日中に完結できる「申し込み時間帯のデッドライン」はあります。





それゆえ、カードローンで即日にお金を借りるには、この申し込み時間帯のデッドラインまでに“申し込みから審査まで済ませること”が理想です。





以下に「申し込み時間帯のデッドライン」を具体的に提示しておきます。





また、申し込み方法については、パソコンやスマホを利用した「ネット申込み」が原則と考えてください。





●プロミス⇒平日午後2時までに「Web契約」を完了させる





●アコム⇒電話申込:平日14:00まで ネット申込:平日14:30まで可





●アイフル⇒平日午後2時までにネットで契約完了させる





●SMBCモビット⇒平日14:50までネット申込で可









デッドラインの時間帯ギリギリに申し込んだ場合は、混雑状況によって融資が翌日以降となってしまう可能性は高くなってしまいます。





それゆえ、カードローン会社の営業開始時間と同時くらいに申し込めれば、即日借入のための申し込みとしては完璧です!





しっかり守ろう!申告情報は正確にしないと融資遅れる!





パソコン





3つ目の鉄則は、“スムーズに審査を運ぶための配慮が必要!”なことです。





そのためにはカードローン申し込みの“入口”となる、「申込書」の記入項目について記入漏れなく、かつ審査で疑問をもたれるよう嘘やあやふやな書き方を絶対に避けるべきです。





なぜなら、申込書での申告情報を確認する審査となるので、嘘や疑わしい観点があると、そのための確認作業で時間をとられてしまい、実際は最短30分の審査であっても数時間かかることもあるからです。





そして、審査で数時間もかかると即日の借り入れは無理です。





また、「記入漏れ」があるとたいていの場合は再申し込みの手続きとなるので、この場合も審査が終わるまでに余計に時間がかかることになって即日融資の可能性は低くなります。





そして、申込書での申告情報において意図的な嘘や悪質な嘘と認められた場合には、その場で審査落ちとなります。





以下に申込書での記入において具体的に注意したい点をまとめておきます。





≪申込書の「申告情報」で注意したい事柄≫?











































































申告情報 申告の際の注意点
①住所・電話番号 郵便番号や住所の記入間違いあると確認作業で審査長くなる
②勤務先情報 勤務先を偽って在籍確認でばれると即審査落ちに
③年収 年収を水増しして申告して疑われると収入証明書での確認作業で時間とられて即日融資不可の公算大に
④他社での借入状況 過少申告して審査でばれると審査NGの可能性あり
⑤希望借入額 年収に比べて希望額大きいと審査時間長くなる







注意が必要!“借り方”間違えると即日NGの可能性ある!





悩み





最後の鉄則は、“借り方を間違えると最後の最後で即日NGとなる!”ことです。





「即日融資の手続きまですべて順調だったのに“借り方”を間違えたことですべてが台無しになった!」といった方はいます。





たとえば、カードローン専用カードの発行を「郵送手続き」にしてしまうと、カードが自宅に届くまでに数日~1週間程度かかるので即日のキャッシングは100%不可能となります。





即日キャッシングでの借り方で失敗しない方法は、指定した口座にお金を振り込んでもらう「ネットキャッシング」あるいは「ネットバンキング」の借り方となります。





ネットを利用した口座振り込みによる借り方なら、カード発行による時間的ロスがなく、申し込みから審査まで終わって融資手続きが完了したらすぐに口座にお金を振り込めるので即日の借り入れはゆうゆう可能です。





ただし、ネットキャッシング、ネットバンキングによる即日での口座振り込みでは些か時間的制約がタイトになるので注意が必要です。





ネットキャッシングでの「申し込み別時間帯による口座振り込み実施時間」は以下の通りとなります。





・平日;0:00~9:00までの受付時間⇒申込当日の9:30くらいに振込可





・平日;9:00~14:50までの受付時間⇒申込完了後に即振込可





・平日;14:50~24:00までの受付時間⇒翌営業日以降の9:30頃に振込可





・土日祝日;全時間帯での受付時間⇒翌営業日以降の9:30頃に振込可





他方で、カードローン専用カードでの借り方でも確実に即日借り入れに対応できる方法はあります。





それはカード受取を「郵送受取」ではなく、「自動契約機」で申し込み当日中にカードを発行してもらえばよいのです。





自動契約機でのカード発行方法は難しくありません。





まずは申し込みから審査までをWeb上でなるべく早い時間帯に完結させます。





そして、審査で「融資可能」となったら、「契約とカード受取は自動契約機で行う」をネット上で選んでから、最寄りにある即日融資可のカードローン会社の自動契約機に赴いて、契約を済ませば約30~40分でその場でカードローン専用カードが発行されます。





カードが発行されたらATMで即日にキャッシングできます。





ただし、ひとつ注意したい点は、自動契約機で契約する場合には、必ず「本人確認書」と「収入証明書」を持参することです。





また、自動契約機による契約で認められる本人確認書では「運転免許証」のみとなってしまう場合もあります。





それゆえ、実際に自動契約機で契約する前に利用できる本人確認書をしっかり確認しておく必要があります。





即日カードローンならこれがオススメです!





爽やか





さて、最後に即日カードローンでオススメとなる会社を紹介したいと思います。





申し込み当日中に即日にお金が借りれるカードローンは原則として、「大手消費者金融カードローン」になると考えていただければよいでしょう。





大手消費者金融カードローンでは「審査は最短30分!」となるところがすべてなので確実な即日融資を約束してくれます。





また、銀行カードローンでも「自動契約機」が利用できる銀行なら、即日でのカードローン専用カード発行が可能となるので即日キャッシングに対応できます。





以下にオススメしたい「即日カードローン会社」を紹介しておきます。





≪「即日借入」に向いたカードローン一覧≫?





























































































カードローン会社 金利 限度額 「自動契約機」利用での即日カード発行の可否
プロミス 年4.5~17.8% 500万円
アコム 年3.0~18.0% 800万円
アイフル 年4.5%~18.0% 500万円
SMBCモビット 年3.0~18.0% 800万円







自動契約機を利用した申し込み当日中のカード発行での即日借入れでは、自動契約機の「利用時間帯」に注意する必要があります。





利用時間帯以外の手続きは不可なので、カード発行による即日キャッシングを希望するなら利用時間帯をしっかり守ってください。





以下に即日のカード発行に対応できる各カードローン会社での「自動契約機」の利用時間帯をまとめておきます。





≪即日カード発行可の各自動契約機の利用時間帯≫?





































































カードローン会社の「自動契約機」 「自動契約機」の営業時間帯
プロミス「無人契約機」 9:00~21:00(土日祝日も利用可)


※ただし店舗によって22:00まで利用可
アコム「むじんくん」 9:00~21:00(土日祝日も利用可)


※ただし一部店舗では21:30まで利用できる
アイフル「無人契約機」 9:00~21:00(土日祝日も利用可)


※一部の店舗では22:00まで営業
SMBCモビット「無人契約機」 8:00~21:00(土日祝日も利用可)


※ただし店舗によってややまちまち






キャッシングにあたっての利用の仕方&借り入れ方法などの欠かせない基本的な情報




大規模の融資の場合と違って、キャッシングというものは担保無し、保証人無しで借り入れできるものがたいていです。もしも金融業者からお金の借入れのならそういう基礎知識を理解しておき、できる限りスマートにお得な借り方ができると良いものです。銀行、カード会社・サラ金などにおいて借り入れするときは申込書類に必要事項を書きその会社に提出をすれば良いのですが、金融機関の店頭を訪れるのが不要な即日融資を利用するときなどは、ネットを用いてすべてやりとりすることが可能です。普通、銀行との契約ですと審査の合格基準厳格で利子が比較的低めと言われ、反対にサラ金から借入れをする場合審査が甘く利率が若干高く設定されているとされています。カード会社・信販会社の場合、普通はこの2つの中間くらいとなるのです。無保証での借入れという表現は保証人がいりませんという事を表しています。
http://低金利カードローン比較ナビ.com/
保証人の役目は、仮にキャッシングの利用者がもし借入金を返せなくなったケースにおいて利用者の代わりとして借金の支払いをする必要のある人を指すものです。つまり、無保証のときは身内に保証人をお願いせずとも貸付けを受けられます。無担保・無保証で借りられることは非常に気軽です。でも、他方で利子の面は少し高くなっている場合が多いですし、借りられる額も限度があるのです。とりあえず最低限の知識を間違いなく頭に入れ、極力得する方法を選択して借りることを考えましょう。





女性専用住宅ローン




8年前に新築マンションを購入しました。当時は官舎に住んでいましたが、そのマンションは子供が進学予定の大学に近い場所にあり、いずれ官舎も出なければならず、この機会にと思い切って購入を決めました。自己資金が購入価格の3分の1ありましたが、夫は自由業で購入に全く乗り気ではなかったため、自分の名義でローンを組むことにしました。
ところが、不動産会社の提携銀行では、名義人に返済可能な収入があるにもかかわらず、妻名義のローン場合は必ず夫の収入の証明が必要とのことで、ついに審査に通りませんでした。
そこで次に勧められたのが、地方銀行の女性専用住宅ローンです。女性専用ですから、私一人の収入状況で契約が可能、しかも繰り上げ返済には返済手数料がかからないという特典がありました(当時)。そこで返済期間18年の住宅ローンを組み、無事住宅を購入することができました。

住宅ローンに関しては経済情勢などにより金利が変動したり、税制が変わったりなど、時の運のようなものがありますが、それぞれの場合に応じ、少しでも有利な条件のものがみつかれば良いと思います。
住宅ローン借り換え銀行





まずは銀行系のフリーローンを




フリーローンには大きく分けて銀行系のフリーローンと消費者金融系のフリーローンがあります。どちらにもそれぞれのメリットがありますが、まずは銀行系フリーローンを検討すべきです。

銀行フリーローンは金利が消費者金融系フリーローンよりも低い場合が多いということと、消費者金融系フリーローンでは規制の対象になる総量規制の対象外であるということが大きなメリットです。そのかわりに銀行フリーローンは審査が厳しいなどと言うことがありますが、まずは銀行系フリーローンを検討することがいいでしょう。

銀行系や消費者ローン系のフリーローンの違いを掲載しているサイトもあります。

フリーローン比較ランキング【厳選おすすめ一覧】

金利や特徴の違いをまずはチェックしてみましょう。

それにしても眠い...


関連記事


SMBCモビット審査甘い?特徴と口コミ評判

【SMBCモビットの特徴】 ■在籍確認、郵送物なしで融資可能 銀行カードローンにせよ消費者金融にせよ、避けて通ることができないのが「在籍確認」です。...


カードローンの在籍確認が審査に影響する事も・在籍確認なしでお金を借りる方法もアリ!

1.在籍確認は絶対に必要? カードローンなどを利用してお金を借りる際には、ほとんどの消費者金融や銀行で本人確認と在籍確認を行います。 申込書...


日曜日にお金を借りる方法・即日融資の注意ポイント

1.日曜日にお金が必要になったら? ようやく日曜日になったので何処かに遊びに行こうと思ったらお金がなかったり、週末に遊び過ぎてしまってお金がなくな...


初めてでも安心・カードローンでお金を借りるまでの流れを確認!

1・カードローンを利用してお金を借りる際の流れ お金を借りる際にまず考えなければいけない事は、どこからお金を借りるかということです。 銀行や...


カードローンの審査に落ちてしまう人の原因と共通点

1・信用情報で審査に落ちてしまう理由 キャッシングやカードローンなどを申込み、お金を借りるためには必ず審査が必要になります。 審査がない金融...


学生でもカードローンでお金をかりられる・親にばれないための方法

1・学生でもカードローンは可能? お金が必要なのは社会人だけではありません。 学生であっても友達との飲み会やデート代、旅行費用などでお金が必...


カードローン借り入れの返済を1回でも延滞してしまったらブラックリストにのってしまうの?

カードローンを安心して利用するために、避けなければならないのが借入金の「延滞」、つまり期日に返済できないという状況です。 とはいえ、引き落としの日...


主婦でも借りれるカードローンの成功術

主婦でもカードローンでキャッシングできます! でも“主婦のカードローン成功術”では主婦なりのテクニックというものは必要かもしれません。 そこで今回の...


カードローン対象者となる方

カードローンの申し込みをしたいと思ったときに、気になるのが自分は利用できるのかということではないでしょうか。 ここではどのような方が利用対象者になるのかを説明...


AX