• 即日OKカードローン

カードローン借り入れの返済を1回でも延滞してしまったらブラックリストにのってしまうの?

困る





カードローンを安心して利用するために、避けなければならないのが借入金の「延滞」、つまり期日に返済できないという状況です。





とはいえ、引き落としの日にたまたま口座の残高が少なかったため返済ができなかったというケースもあることでしょう。





では「一度でもローンの延滞をしてしまったら、信用情報会社のブラックリストに載ってしまう」というのは本当でしょうか。





延滞の理由が悪質なものでない限り、すぐにブラックリスト入りしてしまうということはありません。





タイム・リミットは「3カ月」





期日に返済がない場合、金融業者は数日後に確認の連絡を行います。





とはいえ「利用者が支払日を失念していた」「口座の残高を確認していなかった」などの理由によるものであれば問題視されることはほとんどなく、すぐに振り込みをすれば大丈夫です。





一方支払いが3カ月以上滞っている場合には「延滞」として信用機関に登録されます。





これが俗に言う「ブラックリストに載る」ということで、延滞状態が続いている限り、他の金融機関から借り入れをすることがほぼ不可能になります。





この記録は支払いの遅れが解消されてから1年後に消去されるので、それまでの期間は融資やキャッシングを利用することがかなり難しくなるということを覚えておきましょう。





延滞に伴うリスクとは





パソコン





借入金の支払いが遅れることには「遅延延滞金」「長期ブラックリスト入り」「利用停止」という3つのリスクが伴います。





「遅延延滞金」とは期日に支払わなかったことに関する違約金のことで、ローンによる利息とは別に支払う必要があります。





また延滞期間が長くなると「悪質な滞納者」として5年から10年という長期間に渡って信用会社のブラックリスト入りしてしまうことになります。





この期間はカードローンの審査だけでなくその他の融資申し込みに関しても審査を通ることが非常に難しくなってしまいます。





また滞納期間が非常に長く、金額も大きい場合にはカードローンの利用が停止され、これまでの借入金を一括で返済するよう求められることもあります。





こうしたリスクを避けるためにも指定された期日に必ず返済するようにしましょう。





もし期日に返済が難しいと事前に分かったなら、金融業者にすぐ連絡して返済計画を相談することをお勧めします。





そうすることにより「返済の意思がある」と示すことができ、悪質な利用者として分類される可能性が低くなります。





中にはアコムのように「とりあえず利息だけ返済してくれればブラック扱いにはしません」というケースもあるので、まずは事情を話してみましょう。




関連記事


主婦でも借りれるカードローンの成功術

主婦でもカードローンでキャッシングできます! でも“主婦のカードローン成功術”では主婦なりのテクニックというものは必要かもしれません。 そこで今回の...


カードローン対象者となる方

カードローンの申し込みをしたいと思ったときに、気になるのが自分は利用できるのかということではないでしょうか。 ここではどのような方が利用対象者になるのかを説明...


AX