• 即日OKカードローン

プロミスの解約は意外にカンタン?手続きの方法から確認するまで


解約の手続きを行うときに、面倒な手続きがあり、そのまま放置してしまう人もいます。

解約をせずに放置していても生活していく上で影響がなければそのまま放置しておくことで、解約する煩わしさから解消されます。

しかし、なかには解約しなければいけないものも存在しています。

プロミスの利用をしない環境になった場合には、解約する必要があります。

プロミスの解約について紹介します。

プロミスで行える解約の方法

女子

プロミスの解約の手続きでは、2種類存在しておりどちらでも好きな方を利用することができますが、手続きの内容が若干異なっています。

電話を利用した解約手続きでは、プロミスコールと呼ばれるもので、電話をかけて解約する方法となります。

電話を利用する場合の解約手続きは、自動音声ではなくスタッフに直接解約する旨を伝えることになります。

そのため、スタッフの対応できる時間が決まっているためその時間の間だけ解約する手続きの申し込みができます。

平日の午前9時から午後6時までが対応時間になるので、必ずこの時間内に解約の手続きを行うことになります。

金融業者によっては解約の引き止めを行う業者もいますが、プロミスでは簡単に解約をすることができます。

もうひとつが店頭窓口となるプロミスの店舗やサービス窓口などで解約をする手続きとなります。

こちらの手続きの場合には、店頭で解約手続きを行いますが前もって直接電話連絡しておくことで、スムーズな解約を行うことができるだけでなく、契約書が必要になるため、その時間を省くことができます。

また、カードローンのカードや印鑑そして身分証明書を準備しておく必要があります。

解約をした場合にはカードローンのカードは利用できなくなり返却等を行うことになります。

店頭解約では、土曜日や日曜日そして祝日でも営業していれば解約することができるので、店頭解約を利用すればいつでも解約することが可能だといえます。

しかし、店舗の営業時間内に解約する必要がありますが、電話の解約よりも対応できる時間が長いので、こちらを利用するのが便利だといえます。

解約の手続きの方法について

女子

プロミスのカードローンの解約の流れは、電話による解約が行えます。

電話対応している時間内にプロミスコール連絡をします。

スタッフに直接解約したい旨を伝えた後に必要な情報を伝えることになります。

このときには会員番号や名前生年月日等伝えることになります。

その後本人確認が取れた場合に解約手続きに入ることになります。

状況によっては書面のやりとりが必要な場合もあり、書面のやりとりが終了すると解約が完了します。

店頭窓口での解約手続きの流れでは、店舗に行く前に事前に連絡をして解約したいことを伝えておくことで、解約の必要書類を用意してくれます。

必要なカードローンのカードや印鑑と身分証明書などを用意して店舗に行きます。

解約したい旨を伝えるとカードや身分証明書等の提出を行いスタッフが解約手続きを行います。

この時に契約書の返却がその場で行われることとなり解約が完了することになります。

解約をすることで、これまで契約していた借入の限度枠などがなくなります。

解約するときの注意点と解約の確認方法

女子

プロミスで解約をするときは、簡単に解約を行うことができますが、その後不都合な場合も出てくるので解約する前に考えることが必要です。

プロミスの利用契約を解約した場合には新たに借り入れをするときには、最初から借入の手続きを行うことになります。

審査を受けることとなり、同じ条件での限度枠が利用できない場合もあります。

再契約では無利息サービスの対象とならないため、加入して最初の利用による30日間の無利息サービスの利用ができないです。

しかし、不都合だけでなくメリットもあるため解約をすることがその後の生活環境に影響する場合があります。

キャッシングやカードローンの審査では個人信用情報を確認することになり、プロミスと契約してから解約手続きをしていないと、契約中のステータスが継続していますので、住宅ローンや自動車ローンなどの高額なローンの審査が通らない場合があるのです。

今後利用しない場合には解約しておくことで必要な高額で目的別のローン審査の通貨が有利となります。

プロミスのカードローンの契約を解約した証明書が必要だと考える場合には、解約証明書郵送してもらうことが可能です。

これは契約書ではなくプロミスのカードローンの契約を解約したことを証明することになるので、解約証明書を入手しておくことで、今後のローン審査において解約証明書を提出して審査が通りやすくすることができます。

また、今後の生活環境の変化に伴いカードローンの契約をそのままにしておくよりは、解約しておくことで簡単に借りることができる環境を変えることができます。

事業を行っていない人の場合には、カードローンを利用する機会も少ないため、解約しておくことで身辺を軽くしておくことが可能となります。







同じカテゴリーの最新の記事

  • プロミスの解約は意外にカンタン?手続きの方法から確認するまで

    解約の手続きを行うときに、面倒な手続きがあり、そのまま放置してしまう人もいます。 解約をせずに放置していても生活していく上で影響がなければそのまま放置しておくことで、解約する煩わしさから解消されます。 しかし、なかには解約しなけ...


  • カードローンの需要は高まるのはいつ?繁忙期に気をつけることも

    カードローンは、意外に多くの人が利用しているものですし、時と場合によっては便利なシステムだと考えます。 しかしカードローンのことを詳しく知っておかないと損をしてしまうこともあります。 また、需要が高くなる時期もあり、反対に低い時...


  • 利息を考えたカードローンの上手な使い方

    カードローンは時間のかかる審査などをカットする代わりに、借りた分だけ返済時に支払う金利の割合を少し高めに設定して利益を出しています。 このおかげで非常に多くの利益を得ることが出来、多くの金融機関が独自のカードローンを提供していますが、...


  • 楽天銀行スーパーローンに審査落ち?口コミから原因を検証!

    カードローンを利用するためには、前もって審査を受ける必要があります。 審査を通るかどうかは利用する銀行や金融機関などによって変わりますが、楽天銀行スーパーローンの審査を受けた際、なぜか落ちてしまったという方も少なくありません。 ...


  • 審査甘い?即日のための4つの鉄則

    即日にカードローンでキャッシングすることになったらどうすれば確実にすぐにお金が借りれるのでしょうか? そんな時に是非とも知っておきたいのが、カードローンで即日にお金を借りれる“4つの鉄則”なんで...


  • モビット審査甘い?特徴と口コミ評判

    【モビットの特徴】 ■在籍確認、郵送物なしで融資可能 銀行カードローンにせよ消費者金融にせよ、避けて通ることができないのが「在籍確認」です。 申込書に記載された勤務先に勤務実態があるかを確認するために電話をする、それが在籍...


  • カードローンの在籍確認が審査に影響する事も・在籍確認なしでお金を借りる方法もアリ!

    1.在籍確認は絶対に必要? カードローンなどを利用してお金を借りる際には、ほとんどの消費者金融や銀行で本人確認と在籍確認を行います。 申込書に記入した本人か、勤務先で本当に仕事をしているのか、在籍しているのかを電話で確認...


  • 日曜日にお金を借りる方法・即日融資の注意ポイント

    1.日曜日にお金が必要になったら? ようやく日曜日になったので何処かに遊びに行こうと思ったらお金がなかったり、週末に遊び過ぎてしまってお金がなくなってしまった経験はあるでしょうか。 給料日まではあと数日あるので、自分の貯...


  • 初めてでも安心・カードローンでお金を借りるまでの流れを確認!

    1・カードローンを利用してお金を借りる際の流れ お金を借りる際にまず考えなければいけない事は、どこからお金を借りるかということです。 銀行や消費者金融などお金を貸してもらえる企業や会社は沢山あります。 ここでポイン...


  • カードローンの審査に落ちてしまう人の原因と共通点

    1・信用情報で審査に落ちてしまう理由 キャッシングやカードローンなどを申込み、お金を借りるためには必ず審査が必要になります。 審査がない金融業者は悪質業者である確率が高いため利用しないほうが賢明です。 審査時に確認...